株式会社シンプロジェン

会社概要

社名

株式会社シンプロジェン(Synplogen Co., Ltd.)

本社所在地
神戸市灘区六甲台町1-1
資本金
1,800万円
設立年月日
2017年2月21日
役員
代表取締役 村瀬 祥子
取締役 近藤 昭彦(神戸大学大学院教授)
取締役 柘植 謙爾(神戸大学大学院特命准教授)
取締役 三宅 秀昭((株)科学技術アントレプレナーシップ代表取締役)
監査役 高畑 豪太郎(弁護士法人御堂筋法律事務所弁護士)
関連先

株式会社科学技術アントレプレナーシップ(シードアクセラレーター)

問い合わせ
infoアットマークsynplogen.co.jp

事業内容~本格的事業活動開始は2018年春を予定~

独自の長鎖DNA合成技術による「正確で長い」DNAを通して、以下の事業展開を行います。

  • 長鎖DNA(~50kb)の受託合成事業
  • 長鎖DNA合成技術を用いた受託微生物育種事業
  • 長鎖DNAデザインについてのコンサルティング事業

<応用が期待される分野と内容>

■バイオインダストリー分野

医薬品、化粧品、汎用化学品などの有用物質生産微生物の構築と高速育種

■医学・生物学分野

遺伝子治療などを目的とするDNAの構築、疾患モデル動物作製のためのDNA構築

技術内容

シンプロジェンのコア技術は、長鎖DNA合成技術です。

代謝工学、合成生物学などの進展により、複数の遺伝子からなる遺伝子回路を設計し、これを細胞に導入することにより、従来よりも低コストに有用物質を生産したり、あるいは従来にはない新規な物質を生産することが模索されています。ここで必要とされるのが長鎖DNAです。長鎖DNAを用いればは、多数の遺伝子を一度に細胞に導入することが可能です。しかしながら従来は、長鎖DNAを望む形の配列に合成することは困難でした。当社は、独自技術の枯草菌を用いた長鎖DNA合成技術により、「長くて正確な」DNAを合成することが可能です。

役員略歴

村瀬 祥子
博士(理学)

代表取締役

1994年に東京医科歯科大学医学部保健衛生学科卒業後、1999年に東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(博士号取得)。その後、ライフサイエンス、バイオテクノロジーを専門とするベンチャー・キャピタリストとして、複数のベンチャー企業の創業に関わる。2017年2月より現職。

近藤 昭彦
博士(工学)

取締役(神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 教授 研究科長)

1983年に京都大学工学部化学工学科卒業後、1988年に京都大学大学院工学研究科化学工学専攻 博士課程単位取得満期退学(博士号取得)。その後、2003年神戸大学工学部教授等を経て、2016年4月より神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科長(現任)。2017年2月より現職。

詳細:http://www2.kobe-u.ac.jp/~akondo/kondo.html

柘植 謙爾
博士(工学)

取締役(神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 特命准教授)

1993年に埼玉大学工学部環境化学工学科卒業後、1998年に東京工業大学大学院総合理工学研究科 博士課程 修了(博士号取得)。日本学術振興会特別研究員、民間企業研究所 特別研究員、慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任講師を経て 2016年4月より神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 特命准教授(現任)。枯草菌を用いた巨大DNAの操作法の開発の過程で、多重遺伝子集積法を発明した。現在、本方法の自動化、及び長鎖DNAの活用方法について研究を行っている。2017年2月より現職。

詳細:http://www.stin.kobe-u.ac.jp/outline/member/Tsuge.html

三宅 秀昭

取締役(神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 客員教授)

1988年に慶應義塾大学経済学部卒業後、住友電気工業株式会社、PwCコンサルティング株式会社(現日本IBM)、独立系ベンチャーキャピタル等を経て、2016年1月に神戸大学発ベンチャーの投資育成等を行う株式会社科学技術アントレプレナーシップ 代表取締役に就任(現任)。2017年2月より現職。

▲ページトップへ